仕事の取引先で年上の女性社長からのお誘い

"私は都内で広告代理店の会社に勤めている男性です。
既婚で妻とは全く問題なく結婚生活を送っているのですが、1年程前にある女性社長からお誘いを受けて、不倫の関係になっています。
私の会社はそれほど大きくない会社でして、その女性社長は取引先としてはなかなかの大口でした。
営業担当が退職した事で私が新しく担当になったのですが、顔合わせに伺った時にどうやらある意味で気に入られたようで、次回商談の際に食事に誘われました。
なんと2人きりで。
社長は40代前半の方で、年よりも若くは見えませんが綺麗ではあり、まぁいける範囲かな...といったところでした。
社長との食事の際、既婚である事を知らされたのですが、結婚生活は10年程で子供がおらず、自分も旦那さんも仕事に打ち込む日々で欲求不満だと言い出しました。
この時点で、私に何を求めているのかを完全に察しましたが、さすがに大口の取引先の社長ですので、トラブルは避けなければなりません。
断る事も考えたのですが、それによっても取引が終了してしまうリスクも浮かんだため、旦那さんにバレないかどうかを会話の中から入念に探り、そこそこの自信は持てたため2軒目のお店へと向かいました。
2軒目で社長はワインを中心にかなりの量のお酒を飲んで、仕事の愚痴や旦那の愚痴などをひたすらに聞かされ、自分は女としてまだ魅力があるか?と、しつこく何度も聞かれました。
当然何度も魅力的であると返答していたのですが、気を良くした社長は単刀直入にラブホテルへ誘って来ました。
私もそこそこ酔っていたため、社長がやたら綺麗に見えて来て、仕事のためでなく1人の女性として体の関係を持ちたいと思えて来ました。
ラブホテルは都内の某所で、ドアから入ってすぐのスペースにコスプレグッズが豊富に並んでいました。
部屋もプール付の部屋などもあり、かなり多彩な楽しみ方の出来るラブホテルでした。
社長は部屋に入るとフロントへSMグッズを注文し始めました。かなり手慣れた様子でしたので、恐らく私以外にも不倫相手となっている男性がいるのではないかと想像出来ました。
慣れているのであれば、バレるリスクも少ないと思えて、少し安心出来ました。

いざセックスが始まると、社長はドMな本性を表しました。
普段強気に見えるだけに、こういう場面では真逆の性癖が露になるのでしょうか。
両手を後ろに縛って目隠しをした状態になり、私も酒が残っていたこともあってノリノリでバイブや電マで攻めました。
体は以外にスリムで、肌もまだ潤いを感じられる状態でした。男好きな性格からか、エステなどで美を保つ努力をかなりしているのでしょう。
私もこれまで様々な女性と関係を持ってきましたが、正直セックスの内容の濃さはこの女性社長が一番でした。
特にセックス中、私はタメ口で社長は敬語で、主従関係のような状態でイかせ続けていたのですが、こちらも非常に興奮してしまいました。
翌日も仕事ですので、深夜のうちに解散したのですが、タクシー代まで貰えて何かと美味しい不倫相手が出来たと喜びました。
その後、社長は私の社内での評価を上げてくれようと、別案件の取引先にも当社を指名してくれて、私を名指しで褒めるメールなどを上役に送ってくれたりしました。
その分、激しいセックスを求められ続けていますが...私も楽しめているので問題ありません。
逆枕営業のような状況になっていますが、ただの不倫よりも貴重な体験をしている気分です。
関係が終わる時の着地の仕方が気になりますが、その時を円満に迎えられるよう、思慮深く不倫を続けようと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

"